お祭りの武者行列に欠かせないのぼり旗も製作できます

桜祭り

時代祭りのように武者行列がメインイベントとなっているお祭りというのは、全国各地に存在しています。そうした場面を彩るアイテムとして欠かせないのがのぼり旗です。その武将を表す家紋や旗印を染めたのぼり旗を甲冑の背中に挿したり、手に持ったりする事で往時の雰囲気を存分に味わう事が出来ます。ただそんなのぼり旗は布製という事もあって、劣化もしやすい物です。由緒ある物であればそれもまた味わいですが、お祭り用に用意したものであれば古く汚れたものを使っていても雰囲気を壊してしまうので、新しい物に取り換えましょう。こうしたお祭り用ののぼり旗の製作は専門店に依頼すれば、高品質な物がすぐに手に入ります。武将向けののぼり旗をグッズとして販売している所もありますし、専門店でも既製品として扱っている場合もありますが、オーダーメイドが出来る専門店であればマイナーな武将ののぼり旗も製作できます。それに個人の家紋であったり、イベントのアイコンなどオリジナルのデザインののぼり旗であっても製作できるので、その使い道はかなり幅広いです。一般的なポリエステル生地ではなく、綿製の生地を使用すれば高級感や本物感も出ますので、お祭りの雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。ミニサイズののぼり旗も作れますから、参加者へのプレゼント用グッズとしてもお勧めです。

お好きな武将ののぼり旗を製作してみましょう

戦国時代の武将が好きな方は最近では老若男女問わず沢山いらっしゃいますが、そうした方の中で自分の好きな武将の旗印を染め抜いたリアルなのぼり旗が欲しいと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はその願いは簡単に叶える事が出来ます。一般的にのぼり旗の製作は専門店に依頼する事が出来るのですが、お店の販促や集客向けの業務用ののぼり旗だけでなく、個人的な用途で使用するのぼり旗の製作も受け付けているのです。しかも昔ながらの綿を使用したのぼり旗の製作を行っている業者も多く存在していて、伝統的なのぼり旗にもぴったりです。綿の生地の好きなサイズののぼり旗を選んで、好きな武将の旗印のデータを入稿すれば、後は出来上がりを待つだけで憧れののぼり旗が手に入ります。有名な武将の旗印や家紋であれば、既にテンプレートデザインとして存在している場合もありますので、そちらを選ぶという事も出来ます。それにマイナーな武将や創作の登場人物ののぼり旗という場合であっても、フルオーダーで作れます。場合によっては自分の家の家紋を入れたり、オリジナルの旗印を作ってみても楽しいでしょう。博物館や時代祭りなどで使用するのぼり旗もこうした専門店を利用して作っている所も多くて、その品質は専門家も認める所ですから興味のある方は是非試してみて下さい。

お気に入りの武将ののぼり旗の製作も自由自在

オリジナルののぼり旗の製作は専門店に依頼する事が出来ますが、お店に設置するようなタイプだけでなく特殊な物も作ることが出来ます。のぼり旗と言えば本来は武士が戦場で敵味方の区別をつけやすくするために背中に挿したり、手に持ったりしていたものです。そのため、現在でも時代劇の中であったり、または歴史の資料が置かれた博物館や時代祭りの武者行列などといったような場面で、古式ゆかしいのぼり旗を目にする事が出来ます。実はこうしたのぼり旗についても、インターネットで専門店に発注して製作する事が出来るのです。現在では扱いやすく安価なポリエステル系のテトロンポンジという生地が、のぼり旗の製作には主流なのですが、昔ながらの綿ののぼり旗についても多くの専門店で取り扱っています。和食のお店の雰囲気作りであったり、伝統的な建造物の案内などで活用されている生地ですが、こうした甲冑などに合わせるためののぼり旗としても活用できます。実際に専門店のホームページの製作実例などを見れば、どのように使われているのか確認できますので興味がある方はご覧ください。最近では武将や刀剣類が女性に人気が出て、自宅にフィギュア等を飾っている方も多いです。そうした方が好きな武将の旗印を染めたのぼり旗を、欲しがるケースも多くなっているのです。自分で作るのももちろんいいですが、そうした趣味をお持ちの方へのプレゼントとしても楽しいのでお勧めです。

このように色々なのぼり旗の製作に対応しているのが【日本ブイシーエス2号店】です。特注品にも対応しているので、趣味や商売において、ぴったりなのぼり旗が手に入ります。

かき氷ののぼり

神社ののぼり旗の製作も専門店に任せましょう

神社の祭礼を飾るのに欠かせないのぼりですが、古くなってきた場合に新しいのぼり旗を自作しようと思われている方もいらっしゃるでしょう。確かに以前であれば、地元の染物屋などに依頼して染めてもらった布を…